日本では、毎年著しく外国人の研修生が増加しています。それに伴って外国人を受け入れる企業や、仲介する人材派遣業者の方々の事務処理が膨大な量になってきています。すなわち研修生一人に対する公の機関に提出書類が大変な量になっているために、その作成に携わる人にはそれが大変な骨折り仕事となっているわけです。ソフィアインターネットはこの業務に携わっておられるお客様の要望により、その書類作成作業を簡単、かつ迅速に行えるシステムを約半年間かけて開発いたしました。このシステムを導入すれば、はじめに基本となる会社や監理組合のデータを入力しておくことにより、極力無駄な入力が少なくなり、膨大な提出書類を一括して正確に作成できるようになります。

VBAシステムファイル数 ---  7
書き込みエクセルファイル数  ---  2
書式ファイル(Word)数 ---  53
記入例ファイル数(PDF)数 ---  443
総ファイルサイズ --- 110Mb

開発ソフト   Microsoft ExcelVBA
開発期間    2019/5 〜 2019/10
提供媒体   USBメモリ
総ファイルサイズ 110Mb

基本ソフト    Windous7,8,8.1 ,10
対応Excel Ver. 207,2010,2013,2016
対応Word Ver. 207,2010,2013,2016
開発者・著作権  後藤博昭

企業・監理団体の基本データの設定
初期作成書類(技能実習のための雇用契約書
・雇用条件書・技能実習期間中の待遇に関する
重要事項説明書)の作成
使い方のレクチャー

(メインメニュー イメージ)

オファー条件の設定
実習生データの入力
書類一括印刷

(入力時に入力枠の左側にある項目名をクリックすると
画面の右側に記載例が示してあるPDFファイルが
表示されます。 ※PDFファイルは機構のホームページ
からダウンロードされたものです)

(印刷指定画面 イメージ)

書類はOTIT外国人技能実習機構にアップされている最新フォーマットをダウンロードして使用しています。
書類一括作成時にはワードとしてファイルが作成されますので個別の書類の細かい修正等も楽に行うことができます。
書類作成時は一括・個別が自由に選択できます。
最後のページから印刷することもできますので後から煩わしいソート等を行う必要が省けます。
データ入力時に項目をクリックすると記載例が表示されます。記載例ファイルは機構の作成したPDFファイルです。

システム利用料金   25,000円/月

(使い方・修正に即対応 アップデート)

初期導入料金料金   50,000円

(インストール 初期データ入力 操作方法説明  ※スタッフ出張交通費除く)